Bareilly

English

Deutsche

Italiana

Polska

Svensk

ελληνικά

汉语

اردو 

Française

Eesti

Nederlands

Português

Türkçe

Русский

日本語

العربية

Bosanskom

Española

Norsk

Suomi

 

 

 

فارسی

 

 

緯度28 の程度 1' および経度78 の程度58'k および79 度47'E の間にあるBareilly の地区はの部分が東の川Gomati によって区切られた古代Panchala の、西のYamuna 、南のそして北のChambal それヒマラヤふもとの小丘に近づけばあった。より遅いVedic 期間Panchala の間得られたかなりの重大さ- 実際はそれはより遅いVedic 文明のマトリックスになった。

考古学的な視点からBareilly の 地区は 非常に豊富である。Ahichhatra の広汎な残物は地区のAonla Tehsil のRamnagar の村の近くで、北のPanchala の重要な町発見された。それはGanga Yamuna の谷のVedic アーリアの出現と準塗られた灰色製品が場所の最も早いレベルではじめて確認されたAhichhatra に最初の掘削の間にあった(1940-44 年の) 。期間に属するほぼ5,000 の硬貨はAhichhatra からGuptas のそれより先にもたらされてしまった。

伝統に従ってBareilly の現代町の基礎は時間第16 世紀の前半の日付を記入されるかもしれない。1 Jagat Singh Katehriya が1500 年についてのJagtpur と呼ばれた村を創設したことが言われる。1537 で彼の2 人の息子Bas Deo 及びBarel Deo はBareilly の創設を担当した。場所は禁止Bareilly として2 人の兄弟の名にちなんで名付けられた。一流のJagatpur はまだ古い都市のmohallas の1 によって保たれる。Mughal 皇帝Mohammad Akbar の 統治の間にKatehriyas は反乱に上がったが、Mughal 大将によってAlmas アリKhan 押しつぶされた。これらの部品で強固だったRohilla のアフガニスタンの貴族が打ち倒されたまでMughal のかなりの権限に支配していたBareilly のBas Deo は有効にここにならなかった。都市の開発は1657 年に加速された。Bareilly のMughal Faujdar がMukrand Rai だった時。彼はサラソウジュの森林からの除去によってBareilly 新しい市を造るために信じられる。mohalla Makrandpur Sarkar はMughal 皇帝Mohammad Aurangzaib Alamgir の後のAlamgiriGanj の彼そしてそ の名にちなんで名付けられた。Beharipur 、Malookpur およびKazitola のmohallas はまた彼によって創設された。彼はまたQila の警察署が置かれるJamia Masjid 及び大きい城砦を造った。

第18 世紀では、Bareilly (今西部のUttar Pradesh の地区) の地区はあった
Rohilkhand として知られている管理上部分の一部分。subah を形作る土地またはRohilkhand の地域の地域は以前Katehr/Katiher と呼ばれた。それが第13 世紀の初めにKatehriyas.[10 の一般的な名前によってに] 関係されていたRajputs の異なった一族によって支配された第12 世紀ではデリーのサルタン国がしっかりと確立されたときに、Katehr がSambhal 及びBudaun の地域に分けられた。しかし野生動物がはびこった厚くforested 国は反逆者にちょうど右の一種の避難所を提供した。そして全く、Katehr は帝国権限に対して暴動のために有名だった。サルタン国の規則の間に、Katehr に頻繁な暴動があった。すべては無慈悲に押しつぶされた。区域を反乱者のために危険にさせるためにSultan Balban (1266-1287 年) はジャングルの広大な地域を取り除かれるように発注した。中央機関の最もわずかな弱まることはKatehriya Rajputs からの反抗の態度の行為を誘発した。従ってMughals はKatiher のアフガニスタンの解決のための土地を割り当てることの方針を始める。アフガニスタンの解決はAurangzeb (1658-1707 年) のそして彼の死の後でさえも統治中励まされ続けた。Rohilla のアフガニスタン人として知られていたこれらのアフガニスタン人は区域をとして知っていた
Rohilkhand 。点検でKatehriyas を保つ為のアフガニスタンの解決を励ますことのMughal の方針は中央政府が強かった限りだけ働いた。Aurangzeb の死の後の、アフガニスタン人、持っていて自身はローカルpotentates に近隣の村を握り、占め始めたなる。それはDaud Khan のアフガニスタン人Rohillas が卓越性に入って来た地域のアフガニスタンの奴隷の移住と(Pakhtun/Pashto のRoh は' mountaineer ' を意味する) あった。彼の採用された息子アリMuhammad Khan はAonla で彼の本部が付いている地区の彼自身のための財産から切り分けることに成功した。彼はMughal 皇帝によって最終的にKateher の正当な知事になされ、地域はその後Rohilkhand と呼ばれたすなわち。"Ruhelas の土地" 。

1191 年から1701 年間の期間の間の地区の専有解決は殆んどがRohillas によって根こそぎになったので確認しにくい。ペルシャの王天底Shah は1739 年にデリーに侵入し、略奪し、死を免れなな打撃をMughal 帝国に与える。Rohilla の種族、アフガニスタンからのPakhtun の種族の主なアリMohammad (1721-48 年) は、天底Shah の同盟国、Bareilly 及び周囲の領域を与えられた。Rohillas は40,000 人のアフガニスタン人が付いているBareilly そしてsurrouding 地区で解決した。Rohilla のこの状態はBareilly で基づき、それはRohilkhand と呼ばれた。

Marathas が1772 年11 月のRohilkhand に侵入したときに、それらはAvadh のNawabs の助けによってRohillas に怯んだ。戦争しかし要求の後でNawab がAvadh のShuja-Ud-Daula 彼に与えられた助けのためのRohilla 主なHafiz Rahmat Khan からの損害保障を要求したときにRohillas によって拒絶された。British East India Company のワーレンHastings の助けによる悩まされたNawab はそれからRohilkhand に侵入した。1774 年にMirranpur Katra の続く戦いでは、Hafiz Rahmat Khan は殺され、Avadh の権限はRohillas の全体の領域に確立された。Avadh のsupermacy は1801 年11 月10 日の条約によってBritish East India Company へのRohilkhand の全体の降伏に(を含むBareilly) 導かれた地域のイギリス力の維持のために土台の負債のために長くのために続かなかった。Meerut で始まった独立の苦闘の発生のニュースは5 月14,1857 日にBareilly に達した。人々は反乱で立上がり、宝庫を占め、そしてKotwali 、Khan Bahadur Khan の記録を、Hafiz Rahmat Khan の孫会計係として任命のSobha のラムDiwan 、Madar アリKhan およびNiyaz Muhammed Khan 大将およびHori Lal によって彼自身の政府を形作れた燃やした。独立のこの最初戦争の失敗とどこでも、Bareilly は1858 年5 月7 日のイギリスによって余りに完全に征服された。Khan Bahadur Khan は死に刑を宣告され、1860 年2 月24 日にKotwali で掛かった。

イスラム教のアイデンティティ、南アジアのイスラム教力の低下の間の仮定された重要性の質問。それを実現する最初の人は鋭敏だった学者の神学者、Shah Waliullah (1703-62 年) である。彼は南アジアのイスラム教のルネサンスの基盤を築き、第19 そして第20 世紀のほとんどすべてのそれに続く社会的な、宗教革新運動のためのインスピレーシヨンのもとになった。彼の教授によって促された彼の即時の後継者は南アジアの北西地域に適度なイスラム教の状態を確立することを試み、Bareilly のSayyed Ahmad (1786-1831 年) の指揮を受けて彼らは、Sayyed Ahmad Shaheed Barelvi として一般に知られていて、この方向で辛抱した。Sayyed Ahmad Barelvi はBareilly からPunjab にSikhs を戦う不完全に訓練された非常に動機を与えられたイスラム教の軍隊をPunjab を占めた導いたが、イスラム教を迫害していた。Sikh のフランスの訓練され、装備されていた現代軍隊はKaghan の谷、パキスタン近くのBalakot でたくさんの勇敢なBareilly のイスラム教の兵士を敗北させ、 虐殺した。 2 人のすばらしいイスラム教の戦士、Sayyed Ahmad Shaheed Barelvi および彼の一般的なShah Ismail 、およびたくさんのBareilly からのイスラム教の兵士の墓のマウソレウムはBalakot にある。

第20 世紀の初期では、Bareilly は別のイスラム教の動き、イスラム教の単一性を裂くfurthur で起因した、新しい後方のイスラム教SECT をもたらした今回の焦点再度 だった。Barelvi の 神学的な動きはBareilly (1856-1921 年) のAhmad Raza Khan によって促された。Barelvis は神社のPirs (聖者) のintercession に密接に結ばれたmeditational および習慣荷を積んだイスラム教を、正当化した。彼らは予言者Mohammad に神の光輝(Noor) から成り、未知数(Ilm UL Ghaib) の知識があった信じる。これらの両方確信は有形目的の人間そして崇拝に神の属性を与えるのでイスラム教の教授に矛盾している。これらのBarelvi の確信はイスラム教の聖者の墓(Qabar Parasti) およびMilad 国連Nabi として知られている予言者Mohammad の誕生日の年の円形の祭典の' 崇拝' で起因した。


 

  

 

 

 

 

 

 


  更新されるページの最後: Sunday, February 05, 2006 20:24:32 -0500